ひまろぐ

暇な時に書いています

コンビ二店員との会話がウザい件

私があからさまに嫌な顔をしているのに、地域密着感を出して「今日はいつもより帰りが遅くて大変ですね」「今日は栄養ドリンクは必要ないですか?」「昨日は来られなかったんですね、バイトの子も来られていないって話をしていたんですよ」みたいな事をいってくるコンビニの店のオーナー(60歳くらい女性)がいるんですんが、はっきり言ってウザいです。 もうそのコンビニにはかれこれ1年は行っていませんが、それに変わって行く家の近くのコンビニの店員(50歳くらい男性)からも「お仕事大変ですね~」「これ私も食べましたけど美味しいです ...

ReadMore

ドラゴン桜より 東大合格必勝法家庭の10カ条とは・・・?

弁護士・桜木の導きによって、奇跡の再建を果たした龍山高校。 水野の東大合格から10年、再び学校の危機を救うため、桜木が帰ってきましたね! 私の子供は中1(支援中学)と小2まるで東大とは縁の無い家庭ですが、週間モーニングは受験だけでなく、私の宅建資格において、なんらかのヒントにならないかを見つけるためにも楽しみに見ています。 そんな中、今回は「東大合格必勝法家庭の10カ条」なる格言が登場! 東大なんてうちに関係ありませんが、それでも我が家族と照らし合わせてどうなのかは気になるところです。 一つ一つ道なのかを ...

ReadMore

息子が漢検5級に合格!おめでとう(涙)

自閉症の息子(支援中学1年)がやりました! 漢検5級に合格です。 ギリギリの140点とはいえ、合格しているとは思いませんでした。 持ち帰った試験用紙に、解答を書いてくれていなかったので、本人がどれくらいの点を取っているか分からなかったので、この通知が来たときにはビックリしたのと、よく頑張ったのとで、涙が止まりませんでした。 スポンサーリンク この漢検テストですが、ご存じの通り1級まで有り、漢字だけを覚えればよい訳ではなく、四字熟語、故事ことわざ、音訓読み、当て字、国字、古典的文章など、多くの領域での勉強が ...

ReadMore

平成30年度 宅建士試験落ちました。。。

30年度の宅建は落ちました。 100日計画で合格し、そのノウハウを無料で公開していくというストーリーだったのに・・・。 試験が終了し、その日の夜に答え合わせをして、あまりのガックリで今の今まで何も手につきませんでした。 ママはてっきり合格するすると思っていたらしく、私に内緒で城之崎温泉旅行を計画してくれていて(キャンセルすることなくチャッカリ行きましたけど・・・) 結果は、権利関係6、法令6、その他6、業法14で32点 狙いは、権利関係9、法令6、その他6、業法16で37点でしたが、思いのほか権利関係と業 ...

ReadMore

やばい!時間がない・・・宅建で勉強しなくてはならない項目をまとめてみたらとんでもなく多かった件

いやあ~ 暇なので宅建資格を取ろうと、通勤講座の受講を決意しました。 スポンサーリンク   それではいざ、どんなことを覚えなければいけないかということで、下記のように書き出してみると・・・・ むちゃくちゃ覚えないといけないことあるじゃないか???? 短期合格セミナー「失敗しない宅建合格法_5つのルール」 宅建業法1 宅建業法の全体像 宅建業法2 免許制度 宅建業法3 取引士 宅建業法4 保証金制度 宅建業法5 媒介・代理契約と広告の規制 宅建業法6 重要事項の説明 宅建業法7 契約と業務上の規制 ...

ReadMore

ホリエモンの「多動力」を読んで感じた違和感

投稿日:

基本、ベストセラー書は図書館で借りて読みます。

なので予約をしてを手に入れるまでに、3ヶ月以上かかることはザラ。

このホリエモンの「多動力」は、それ以上かかりました。。。

この方は人と違うことが是で、逆にそれをしないとここまで出来なかったんだろうなとは、確かに思う。

でもそれって極論でしょ?という内容のオンパレードで、かなりの違和感を感じてしまいました。

読むのに30分もいらない本。

あっでも、この人大好きですから・・・

これを読んで、「ああこれが理想の生き方だ!」なんて思うやつがいるのかなと正直思うけど、それも想定しての内容かな?

書いてあることが支離滅裂なんですけど・・・

渾身の力で書いたとありますが、結局インタビューの内容をライターがうまく加工して、人と違う事を書けば売れるよね的な発想・・・

正直お金出して買うべき本ではありません。

内容)
一つのことをコツコツとやる時代は終わり、これからは、全てのモノがインターネットに繋がり、全産業の〝タテの壁〟が溶ける。
このかつてない時代の必須スキルが、あらゆる業界の壁を軽やかに飛び越える「多動力」だ。

第1章 1つの仕事をコツコツとやる時代は終わった
第2章 バカ真面目の洗脳を解け
第3章 サルのようにハマり、鳩のように飽きよ
第4章 「自分の時間」を取り戻そう
第5章 自分の分身に働かせる裏技
第6章 世界最速仕事術
第7章 最強メンタルの育て方
第8章 人生に目的なんていらない

スポンサーリンク

でも、共感できるところが一つ。

「三つの肩書きをもてばあなたの価値は1万倍になる」という考え。

肩書きを掛け算することで、レアな存在になることが出来、結果自信の価値が上がるという点。

一つのことに1万時間取り組めば誰でも100人に一人の人材になれる。

1万時間というのは、1日6時間やったと考えて5年

私で言えば、その位時間を費やしたことと言えば、

野球は、大学の体育会硬式野球部まで続けて13年、某大手メーカー営業経験20年、福祉住環境コーディネーター2、3級位のもの・・・それを考えるとホリエモンはたいした人だなと思います。

でもその資産や資格は重荷になるから捨ててしまおうとも言っているんですよね?

支離滅裂~。

でも↑でも書きましたが、この人嫌いじゃないです。

-全記事, 読書
-, , , ,

Copyright© ひまろぐ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.