ひまな時に書いてます

ひまろぐ

コーヒー 備忘録 全記事 小技/テクニック 食事

コーヒーダイエットとは

更新日:

前回、コーヒーの記事を書きましたが、又違うネタでコーヒーについて語りたいと思います。

↓前回記事

コーヒーを使ったダイエットがこの頃は人気がありますね。

コーヒーは中性脂肪を分解し、脂肪酸として排出する作用があると言われています。

飲んだ後に運動すれば、血中にある脂肪酸が燃焼してダイエットができるなんてこともいわれているくらいです。

スポンサーリンク

 

しかしコーヒーを飲みさえすれば体重が減るというわけではありません。

体を動かす前にコーヒーを摂取し、脂肪が燃えやすい体を作るというものです。

コーヒーダイエットでは、お風呂に入る前や運動前に、浅く焙煎したコーヒーを、砂糖やミルクを入れずに飲みます。2~3時間程度でコーヒーが体に及ぼす影響は留まるので、3時間から4時間ほど間をおきながら飲んでください。

いくらダイエットのためでもコーヒーの飲みすぎは体に負担をかけてしまいますので無理は禁物です。カフェインの摂取量などを考慮すると、コーヒーの量は1日に3杯ぐらいを目安にしましょう。これくらいだと、胃が荒れる心配もないということもありません。

まあ、もちろん個人差があるのでコーヒーを飲む量は自分の体調を見ながら調整するようにしましょうね。

代謝促進や、体内に蓄積されている不要な栄養素を効率よく出す作用がコーヒーにはあり、利尿作用の面でも効果が高いとされているようです。

とはいえ、コーヒーに含まれるカフェインのせいで鉄が吸収しにくくなることがあります。体内の鉄が不足すると、貧血などの症状が出ます。

コーヒーダイエットは、お腹に赤ちゃんがいたり乳児がいる時はお勧めできません。

コーヒーダイエットは、ウォーキングやエクササイズなどの軽い運動を取り入れながらダイエットしたいという人向けの方法といえるでしょう。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-コーヒー, 備忘録, 全記事, 小技/テクニック, 食事
-, , , , , , ,

Copyright© ひまろぐ , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.