ひまな時に書いてます

ひまろぐ

コーヒー 備忘録 全記事 小技/テクニック 食事

食事と一緒にコーヒーを飲むと血糖値が下がる?

投稿日:

タイトルとは関係のない前段を書きますので、時間のない方は、スポンサーリンク広告後の記事を見て頂ければと思います。

私は、約5年前に糖尿病と診断され、それ以後医師に処方してもらって「スーグラ」という薬を服用しています。

現在の血糖値は、月一回の通院時に注射をしてもらってのものになりますが、先月で言うと130でした。

*この数値は、朝と昼に食事をとり、19時ぐらいに採血をしてもらった時の数字です。

約2年前に、ライザップに通い2か月半で100㌔から84㌔になった時は、数値も100を切り、ヘモグロビンA1Cも9.5から5.9まで下がり、薬もいらないと言われたぐらいだったのですが、それから約3ヶ月で体重も戻り、今は最低週2回の目標でスポーツジムに通い、96㌔の状態が続いています。

さすがにライザップのようなトレーニングは、ジムではできません。

自分の限界を超えてガンガンに筋トレをし、炭水化物を抑える生活を続けることは、並大抵の意思とお金がないと正直無理だと思いました。

地道に長期の目標を設定して、ジワジワ痩せていくようにしていかないといけませんね。

そんな中、上記にあるように現在の血糖値の話になりますが、3か月前までは150からなかなか下がらない状態でした。

しかし、糖尿病の教育入院(約1週間)と、ライザップで学んだ知識と、趣味のダイエットでの実体験を踏まえ、「あれ?もしかしたら?」と思って実際試しているのが、この食事と一緒にコーヒーを飲むと言う事なのです。

自宅用で買った血糖自己測定器で計ることもしますので、私には合っているのかなと思っています。

コーヒーの成分である「クロロゲン酸」が血糖値を下げる!?

コーヒーの成分である「クロロゲン酸」には食後、血糖値を下げる働きがあると言われています。このことはネットでもよく書かれていることなのでご存知の方もいらっしゃると思います。

ある調査で、健康な人を対象に、おにぎり2個と「クロロゲン酸」水溶液を摂取してもらったところ、「クロロゲン酸」水溶液を摂取した方が血糖値の上昇を抑えられていることが判明したようです。

またラットに、炭水化物と脱カフェインコーヒー生豆抽出物を投与する実験では、2つを同時に摂取した時、もっとも食後血糖値の上昇を抑えられることが分かったらしいのです。

おそらく、食事をしてその後コーヒーを飲むと血糖値が下がると思ってられる方が大半ではないでしょうか?

その後というのは、5分後でしょうか?10分後でしょうか?

私もそう思い、血糖自己測定器で計ってきましたが、若干はさがるのですが効果とは言えない結果でした。

しかし、コーヒーと一緒に食事をして、図るとこれが見事に上がらないんです。というか上昇が少ないんです。

そして、この2か月間は、病院での採血結果も良くなっています。

もちろんジムに行って、食事も極力ですが抑えるという事はしていますので、そのような事もしながらの結果だとも思いますが・・・

しかしながら、例えば和食の時に、一緒にコーヒーを飲むのはちょっと・・・と思われる方がいらっしゃると思います。

だから私は、出来るだけ食前に飲むようにしています。

その方が、食後に飲むよりも間違いなく血糖値は下がっています。

タイトルにあります、食事と一緒にコーヒーを飲むと血糖値が下がるというのは、飲み方を間違えなければ、事実だと思いますので、是非試してみてください。

あの・・・自己責任でお願いしますね。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-コーヒー, 備忘録, 全記事, 小技/テクニック, 食事
-, , , , , , , ,

Copyright© ひまろぐ , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.