My WordPress Blog

ひまろぐ

大河ドラマ 「いだてん~オリムピック噺」第6話 ネタバレ・あらすじ紹介。最終回まで掲載予定。今まで見逃した方必見。視聴率についても追記!

投稿日:

日本で初めてオリンピックに参加した男『金栗四三と日本にオリンピックを招致した男田畑政治
この2人がいなければ、日本のオリンピックはなかったという。。。

日本が初めて参加し、大惨敗を喫した1912年「ストックホルム」。

幻となった1940年「東京」と敗戦、復興、そして・・・平和への祈り。

1964年 東京オリンピックが実現するまでの日本人の“泣き笑い” が刻まれた激動の半世紀が、豪華キャストで描かれます!

大河ドラマ 「いだてん~オリムピック噺」 ネタバレあらすじ紹介を最終回まで掲載予定。今まで見逃した方必見。視聴率についても追記していきます。

このドラマを見れば、2020年・東京オリンピックの見方が変わります!というフレコミの大河ドラマ!期待しましょう!




視聴率

第1話 夜明け前 15.5%
第2話 坊ちゃん 12.0%
第3話 冒険世界 13.2%
第4話 小便小僧 11.6%
第5話 雨ニモマケズ 10.2%

 

第6話あらすじ

オリンピックに送るに足るだけの選手を見つけて喜ぶ治五郎(役所広司)だったが、派遣費用が莫大で頭を抱える。おまけにマラソンを制した四三(中村勘九郎)は、負ければ腹切りかと恐縮し、短距離の覇者・弥彦(生田斗真)は帝大後の進路を考えたいと出場を断る。そんな二人に治五郎は「黎明(れいめい)の鐘」になれと熱弁する。そのころ、若き日の志ん生こと孝蔵(森山未來)も師匠・橘家円喬(松尾スズキ)に、車夫ならば落語に登場する東京の街並みを足で覚えながら芸を磨けとヒントをもらい、東京の“へそ”日本橋界隈をひた走る。

という話

感想

今回のポイントは、

①今回から時代設定やある程度のキャラ設定がひと段落し、世界を目指すいだてんの話が始まります。

②怒っていた足袋屋が、裏地の3枚重ねで強度を付けた足袋を作っていた(これは前回も予想していたことでした)

③文部科学省に金がない。

④若き日の志ん生こと孝蔵が芸を磨いていく

⑤阿部サダヲの登場

ですね。

今昔の切り替え設定はよくわかるんですけど、この粋な設定をノイズと捉えるか、成程と捉えるかで視聴率も影響を受けるような気がします。私は後者ですけど・・・。

又最終的に、短距離の覇者・弥彦がどうやって家族を説得し(家族が心変わりし)オリンピックに出るのか、結局治五郎は死ぬまで借金を返せていないというナレーションがあったが、結局それをどう始末したのか等が今後気になるところであります。

何にしても、今迄の大河ドラマと違い、四三という人物をあまり知らないだけに後のストーリーは間違いなく気になるところですので、今後に期待しましょう!

筆者の自己紹介はコチラ

  • この記事を書いた人
アバター

PAPA

主な登場人物:アラフィフリーマン。著者,ママ,長男(自閉症),次男の4人家族。自閉症,糖尿病,ライザップ,ダイエット,食事,宅建の記事が多くなります。

Copyright© ひまろぐ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.