ひまろぐ

暇な時に書いています

コンビ二店員との会話がウザい件

私があからさまに嫌な顔をしているのに、地域密着感を出して「今日はいつもより帰りが遅くて大変ですね」「今日は栄養ドリンクは必要ないですか?」「昨日は来られなかったんですね、バイトの子も来られていないって話をしていたんですよ」みたいな事をいってくるコンビニの店のオーナー(60歳くらい女性)がいるんですんが、はっきり言ってウザいです。 もうそのコンビニにはかれこれ1年は行っていませんが、それに変わって行く家の近くのコンビニの店員(50歳くらい男性)からも「お仕事大変ですね~」「これ私も食べましたけど美味しいです ...

ReadMore

ドラゴン桜より 東大合格必勝法家庭の10カ条とは・・・?

弁護士・桜木の導きによって、奇跡の再建を果たした龍山高校。 水野の東大合格から10年、再び学校の危機を救うため、桜木が帰ってきましたね! 私の子供は中1(支援中学)と小2まるで東大とは縁の無い家庭ですが、週間モーニングは受験だけでなく、私の宅建資格において、なんらかのヒントにならないかを見つけるためにも楽しみに見ています。 そんな中、今回は「東大合格必勝法家庭の10カ条」なる格言が登場! 東大なんてうちに関係ありませんが、それでも我が家族と照らし合わせてどうなのかは気になるところです。 一つ一つ道なのかを ...

ReadMore

息子が漢検5級に合格!おめでとう(涙)

自閉症の息子(支援中学1年)がやりました! 漢検5級に合格です。 ギリギリの140点とはいえ、合格しているとは思いませんでした。 持ち帰った試験用紙に、解答を書いてくれていなかったので、本人がどれくらいの点を取っているか分からなかったので、この通知が来たときにはビックリしたのと、よく頑張ったのとで、涙が止まりませんでした。 スポンサーリンク この漢検テストですが、ご存じの通り1級まで有り、漢字だけを覚えればよい訳ではなく、四字熟語、故事ことわざ、音訓読み、当て字、国字、古典的文章など、多くの領域での勉強が ...

ReadMore

平成30年度 宅建士試験落ちました。。。

30年度の宅建は落ちました。 100日計画で合格し、そのノウハウを無料で公開していくというストーリーだったのに・・・。 試験が終了し、その日の夜に答え合わせをして、あまりのガックリで今の今まで何も手につきませんでした。 ママはてっきり合格するすると思っていたらしく、私に内緒で城之崎温泉旅行を計画してくれていて(キャンセルすることなくチャッカリ行きましたけど・・・) 結果は、権利関係6、法令6、その他6、業法14で32点 狙いは、権利関係9、法令6、その他6、業法16で37点でしたが、思いのほか権利関係と業 ...

ReadMore

やばい!時間がない・・・宅建で勉強しなくてはならない項目をまとめてみたらとんでもなく多かった件

いやあ~ 暇なので宅建資格を取ろうと、通勤講座の受講を決意しました。 スポンサーリンク   それではいざ、どんなことを覚えなければいけないかということで、下記のように書き出してみると・・・・ むちゃくちゃ覚えないといけないことあるじゃないか???? 短期合格セミナー「失敗しない宅建合格法_5つのルール」 宅建業法1 宅建業法の全体像 宅建業法2 免許制度 宅建業法3 取引士 宅建業法4 保証金制度 宅建業法5 媒介・代理契約と広告の規制 宅建業法6 重要事項の説明 宅建業法7 契約と業務上の規制 ...

ReadMore

NHKスペシャル「自閉症の君が教えてくれたこと」

更新日:

本日、12月11日(日)の夜9時から、 NHKスペシャルで「自閉症の君が教えてくれたこと」が放送されます。

このようにメディアを通して伝えて頂く事で、自閉症と言うものがどんなものなのかを理解して頂く方が増えていってくれればいいなと思っています。

スポンサーリンク

おそらく、この番組で主人公になる東田直樹君は・・・

会話のできない重度の自閉症をもった方。自閉症、絵本、詩集など20冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。というプロフィールを自身のブログで書いています。

私も彼の作品はほぼ全部拝見しましたし、例えば、あの息子のこの動きは、そういう思いがあってやっているのかと言う事がわかってとても参考になっています。

そして彼の書いた一文

「自分が辛いのは我慢できます。しかし自分がいることで周りを不幸にしていることには耐えられないのです」

強烈に印象に残っています。

将来息子がこのようなことで悩むのだとしたら、親としてはとても悲しいのです。

言い方、言い回しが難しいのですが、私の息子よりも、症状が重度で、おそらく想像もできないような困難にも耐えてきた心の強い人だと思いますので、非常に楽しみですし、今後の息子に対する接し方のヒントになればなと思っています。

-備忘録, 家族, 息子の事, 自閉症

Copyright© ひまろぐ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.