ひまな時に書いてます

ひまろぐ

WordPress コーヒー 備忘録 全記事

香り高いコーヒーを入れる方法

投稿日:

専門店のコーヒーって香り高くておいしいですよね。あのような味を家庭で作るのは無理と思っていませんか?

私はコーヒーにはうるさい(ただそれだけですが)のですが、友人の日本スペシャルコーヒーマイスターにコーヒーの入れ方を教えてもらってからは、非常に満足できるコーヒーを自宅で作って飲んでいます。

いかもそんなにお金をかけないで・・・

とはいっても、豆にはこだわりますよ。

酸味はない方がいいので、豆もここでしか買わないという店があります。

では、どうしたら専門店の味が再現できるのでしょうか?

それは、湯の温度、粉の量、 湯の注ぎ方などの要点を押さえすれば難しくありません。

それではまず、そろえた方がいいと思う器具をご紹介します。

コーヒーを抽出する器具は色々ありますが、ここではコーヒーを受けるサーバーと、ろ紙をセットするドリッパーを使うペーパードリップ法が手軽です。

まずは、コーヒーポット

注ぎ口が細く、根本が太いタイプならドリッパーに注ぐお湯の量を調整しやすいものを選びましょう!

その次に、ドリッパーとサーバーです。

といってもそんなにいいものを買う必要はありません。セットで1,500円ほどのもので十分です。

ペーパーフィルターでコーヒーを抽出するためのドリッパーには、台形型や円錐型があります。

サーバーはドリッパーの形状やサイズとマッチしたものがいいので、セットモノがベスト!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Kalita(カリタ) ドリップセット&ギフトセット 101-DセットN 35165
価格:1534円(税込、送料別) (2017/2/26時点)

 

↑そこそこのものです。一番安いかな?

そして、ペーパーフィルターです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カリタ ブラウン 101濾紙(40枚入) 1-2人用
価格:102円(税込、送料別) (2017/2/26時点)

 

ドリッパーに合う形状、サイズがありますのでご注意を!

でも大概合います。

*においを吸着しやすいので密閉容器で保管するのがお勧めです。

それでは、いよいよ入れ方です。

今回は、私が教えてもらった2人分と言う事で・・・

まずお湯を350㏄沸かしコーヒーポットに移します。

適温ですが、80~85度がいいと思います。

ポットのお湯がそこまで下がるには、約1分かかるとして、その間にサーバーとドリッパーをセットしましょう。

ろ紙の側面と底を折ってドリッパーに密着させ中引きの粉18グラムを入れたら、ドリッパーの側面を軽くたたいて粉の表面をならします。

次にコーヒーポットのお湯を少量注ぎ、粉全体に浸みわたらせ、30秒ほど蒸らします。

粉には焙煎時に発生した炭酸ガスが残っています。蒸らすことでそのガスが抜け、 湯が粉に浸透してコーヒーの梅見がより抽出されやすくなります。

蒸らした後、数回に分けてお湯を注いでください。

お湯は一点に集中させず、中央から『の』の字を書くように注いでください。

↑コーヒー好きな方ならこれ分かりますよね!

その際、フィルターにお湯をかけないように注意して下さい。コーヒーの成分が上手く抽出されず、味が薄くなりがちだからです。

お湯の細さは直径2~3ミリをい目安に。

お湯が粉に直角にあたるように真上から注ぐことも重要とされています。

2人分300㏄がサーバーに落ちたら、ドリップに お湯が残っていても外します。粉に残ったえぐみが混ざるのを防ぐためだという。

やっちゃうのは、もったいないから最後まで抽出しようと、ろ紙をコーヒーの中に入れて、出し切るようなことをすること。

これえぐみが出るんですよね~。

これで完成です。

抽出の間に、コーヒーの温度は、約50度まで下がるので、温め直してもいいと思います。

約20秒ほど火にかければ、70度程度まで温まるので・・・

フィルターで油脂が適度に遮断され飲み口がスッキリしますよ!

焙煎からひと月以内の新鮮なコーヒーを使うのも需要なポイントです。

粉の挽き具合やお湯の温度を抽出器具に合わせて(実はこれが一番難しい・・・)、自分が最もおいしいと思えるコーヒーを探求して下さい!

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-WordPress, コーヒー, 備忘録, 全記事
-, , , , , , , , , ,

Copyright© ひまろぐ , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.