ひまな時に書いてます

ひまろぐ

備忘録 全記事 小技/テクニック 糖尿病 自己紹介

大きな体、太めな体にあうゴルフウェア、パンツ、シューズについて

更新日:

このブログで何度も書いてきましたが、私は太っています。おなかも出ていますし、足も太いです。

しかも糖尿病・・・

身長175センチで、体重94~96㌔。

日により、体重は増減します。

ですので、ゴルフウェアも選ぶのは大変です。

ただ、最近私の身体にジャストフィットするウェアを発見しました。

オークリーです。

スポンサーリンク

オークリーと出会うまでは、シャツのインもみっともなかったのですが、今回は動きやすいし形的にも満足しています。

先般の3連休に、衝動買いしてしまいました。

ママありがと!

シャツは勿論XXL!

同じXXLでも、試着するとおなかが気になるのもあるのですが、この服は私のような肩幅の広い人間でも大丈夫。

ママ曰く、ちょっとだけ痩せて見えるとのこと・・・。

ベースに吸汗速乾のブライトボーダー素材を使用したプリントボタンダウンシャツ。

総柄に入ったプリントは、SURFACESの大地をボーダー調の幾何学柄で表現。

脇、肩、ヨーク下には通気性の高い吸汗速乾メッシュを使用する事で蒸れによる不快感を軽減します。

背中ヨークには大きくバークロゴを配置したインパクトあるアイテムです。

パンツも購入し、こんな感じでコーディネートしてみました。

もっと石川遼君のようなビビットな赤を着たかったのですが、種類がないんですよね~

調子に乗って、靴もおねだり。

1857年に米国のマサチューセッツ州ブロックトンで誕生以来150年以上の歴史を誇るフットジョイは、60有余年に渡り、米国PGAツアー・ゴルフシューズ使用率No.1とのこと。

店員さんには、私のように足の幅が大きい人には合わないかも?と言われましたが、ジャストフィットでした。

因みに、この靴の幅は、E・2E・3E・4E(E・EE・EEE・EEEEと表示するところもあります)の4サイズの中で2Eがでした。Eが多くなるにつれて幅広になるとのことでしたが、2Eで十分でした。

基本ブルーが好きで、ゴルフバックやウェアもブルー基調のものが多かったので、今回もさりげないブルーの靴を購入しました。

一応、この靴の特徴をまとめると・・・

■Boa(R)クロージャーシステム
かかとにダイヤルを配置するヒールマウントシステムは、
ゴルフシューズではフットジョイだけが採用できるシステム。
そのメリットは、足の中足部からヒール部にかけて全体をホールドすることが可能で、
圧力が分散されるため、自然で均一の取れた包み込むようなフィット感が得られます。
また、シューズ内での足のブレやズレ(特に踵部分)を防ぎ、
快適さとショット時などの安定感を提供することができます。

■防水人工皮革
優れた防水性を発揮する人口皮革は驚くほど足になじみやすく、
ソフトで軽い履き心地を生み出します。
突然の雨にも快適にプレーを続けることができます。

■スーパーソフトPUインソール
クッション性に優れ、快適な履き心地を実現するスーパーソフトPUインソールは、
足への衝撃を最大限に和らげるとともに、履いた瞬間から自然に足になじみ、
ラウンド後まで軽快な足取りでプレーすることができます。

■スーパーソフトPVC内張
やわらかくソフトな内張が、心地よい足入れ感とフィット感を実現。

■デュラマックスラバー/EVAアウトソール
アウトソールにもクッション性と柔軟性に優れた素材を使用することで、自然な足の動きに細やかに対応。
あらゆる傾斜でも接地性を発揮します。

■スパイク:ブラックウィドウ・パルサー(Tour Lock)
ソフトスパイク社の新しいTour Lock(ツアーロック)システムを採用。
鋲受け部分が薄く、地面の感触を得られ、接地性を高めています。
グリップ力、クッショニングも高く、耐久性にも優れています。

もうワンランク高いのも良かったのですが、それは競馬で儲けた時に買おうと。。。

因みに、翌日行ったゴルフのスコアは、50、46の96。

新調したウェアーと靴をもってしても、スコアが劇的に変わることはありません。

やはり腕ですね~。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-備忘録, 全記事, 小技/テクニック, 糖尿病, 自己紹介
-, , , , , , , , ,

Copyright© ひまろぐ , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.