ひまろぐ

暇な時に書いています

コンビ二店員との会話がウザい件

私があからさまに嫌な顔をしているのに、地域密着感を出して「今日はいつもより帰りが遅くて大変ですね」「今日は栄養ドリンクは必要ないですか?」「昨日は来られなかったんですね、バイトの子も来られていないって話をしていたんですよ」みたいな事をいってくるコンビニの店のオーナー(60歳くらい女性)がいるんですんが、はっきり言ってウザいです。 もうそのコンビニにはかれこれ1年は行っていませんが、それに変わって行く家の近くのコンビニの店員(50歳くらい男性)からも「お仕事大変ですね~」「これ私も食べましたけど美味しいです ...

ReadMore

ドラゴン桜より 東大合格必勝法家庭の10カ条とは・・・?

弁護士・桜木の導きによって、奇跡の再建を果たした龍山高校。 水野の東大合格から10年、再び学校の危機を救うため、桜木が帰ってきましたね! 私の子供は中1(支援中学)と小2まるで東大とは縁の無い家庭ですが、週間モーニングは受験だけでなく、私の宅建資格において、なんらかのヒントにならないかを見つけるためにも楽しみに見ています。 そんな中、今回は「東大合格必勝法家庭の10カ条」なる格言が登場! 東大なんてうちに関係ありませんが、それでも我が家族と照らし合わせてどうなのかは気になるところです。 一つ一つ道なのかを ...

ReadMore

息子が漢検5級に合格!おめでとう(涙)

自閉症の息子(支援中学1年)がやりました! 漢検5級に合格です。 ギリギリの140点とはいえ、合格しているとは思いませんでした。 持ち帰った試験用紙に、解答を書いてくれていなかったので、本人がどれくらいの点を取っているか分からなかったので、この通知が来たときにはビックリしたのと、よく頑張ったのとで、涙が止まりませんでした。 スポンサーリンク この漢検テストですが、ご存じの通り1級まで有り、漢字だけを覚えればよい訳ではなく、四字熟語、故事ことわざ、音訓読み、当て字、国字、古典的文章など、多くの領域での勉強が ...

ReadMore

平成30年度 宅建士試験落ちました。。。

30年度の宅建は落ちました。 100日計画で合格し、そのノウハウを無料で公開していくというストーリーだったのに・・・。 試験が終了し、その日の夜に答え合わせをして、あまりのガックリで今の今まで何も手につきませんでした。 ママはてっきり合格するすると思っていたらしく、私に内緒で城之崎温泉旅行を計画してくれていて(キャンセルすることなくチャッカリ行きましたけど・・・) 結果は、権利関係6、法令6、その他6、業法14で32点 狙いは、権利関係9、法令6、その他6、業法16で37点でしたが、思いのほか権利関係と業 ...

ReadMore

やばい!時間がない・・・宅建で勉強しなくてはならない項目をまとめてみたらとんでもなく多かった件

いやあ~ 暇なので宅建資格を取ろうと、通勤講座の受講を決意しました。 スポンサーリンク   それではいざ、どんなことを覚えなければいけないかということで、下記のように書き出してみると・・・・ むちゃくちゃ覚えないといけないことあるじゃないか???? 短期合格セミナー「失敗しない宅建合格法_5つのルール」 宅建業法1 宅建業法の全体像 宅建業法2 免許制度 宅建業法3 取引士 宅建業法4 保証金制度 宅建業法5 媒介・代理契約と広告の規制 宅建業法6 重要事項の説明 宅建業法7 契約と業務上の規制 ...

ReadMore

くるみ餅で有名な「かん袋」(大阪府堺市)に行ってきた!

更新日:

会社の女の子が大好きと聞き、くるみ餅で有名な「かん袋」(大阪府堺市)に行ってきました。

調べると、10:00~なのですが、売り切れ次第終了とのこと。

折角行って買えないと嫌なので、朝から並ぶ覚悟で早めに家を出ました。

場所は、大きな道路から一本なかへ入りますが、大きな駐車場(タイムズ:ここにとめると駐車料金はタダ)が目印ですぐに分かります。

*この駐車場の右奥にお店がありますのですぐに分かります!

スポンサーリンク

10時前に着いたのですが、

パパ
あれ?まだ誰も来てないな~ 並び始めるまで、駐車場で車の中で待ってようか

なんて行っていたら、人がお店の中に入って行ってるではありませんか!

急いで、

パパ
はダッシュ!

ママ
長男
 
次男
があとから付いて来ました。

中に入ると、テーブルが何席かあり、人が座っています。

お店の方が、『お客様5番目になりますのでおかけになってお待ちくださ~い』とのこと。

聞くと、10分ぐらい前から店を開けていて、中に入れます。

入ると、お店の人が何番目かを教えてくれて、空いている席で座って待つことが出来ます。

そして、10:00になったら順番どおりに並んで買っていくシステムらしいです。

*これがカウンターになります。

台の上に、商品の一覧の紙が置いてあって、そこから選ぶようになります。

商品は大きく2つ

くるみ餅と氷くるみ餅になります。

くるみ餅の店内で食べるメニューは、

と、です。

もちろん、店内で食べ、持ち帰りもしました。

持ち帰りには、タッパ形式のものと、壺に入ったものがあります。

純白のお餅の、絶妙なもちもちとした歯応えと柔らかさはもちろん、しっかりとしたコシもあります。ずんだ餅とはまた違う、艶のある緑色をした餡のなめらかさ、しかししつこさはなく爽やかな味わいで後味もとてもよく、餡のとろみや甘さ、何もかもすべてがちょうどよいバランスになっています。食べ飽きることなく何個でも食べ続けられてしまいそうです。

今であれば、こちらの「氷くるみ餅」も是非ご賞味ください。これは、先ほどのくるみ餅に氷がのったものです。そしてこの氷はふわふわシャリシャリのどちらの食感も楽しめる何とも不思議なかき氷で、なぜか頭がキーンとならないので、とても食べやすいんです。

上記にもある秘伝の緑色の餡が、何とも絶妙に氷と混ざり合います。甘すぎずさっぱりとしているので、甘いものがあまり得意ではない人にもおいしく食べれます。

由来

かん袋は、鎌倉時代末期、元徳元年(1329年)に和泉屋徳兵衛が和泉屋という商号で御餅司の店を開いたのが始まりです。

安土桃山時代に、豊臣秀吉が大阪城を築城し、その際に堺の商人へ多額の寄付を要求しました。文禄二年(1593年)の春中頃、桃山御殿が完成したのを機会に、秀吉は寄付金の礼として堺の商人納屋衆を招きました。その時、天守閣は瓦を葺く工事中でした。暑い日盛りの下で、蟻がえさを運ぶように職人が一枚一枚瓦を運び上げていました。この様子を見た和泉屋徳左衛門は、容易に片付かないと思い、毎日奉仕に出ました。餅作りで鍛えた腕力を使い、瓦を取っては次から次へと屋根の上に放り上げました。瓦は春風に煽られて、紙袋がひらひらと舞い散るように屋根に上がりました。そこに居合わせた人々は、度肝を抜かれました。これを見た秀吉が、「かん袋が散る様に似ている」と、その腕の強さを称えました。秀吉は、「以後かん袋と名づけよ」と命じ、それより「かん袋」が、和泉屋の商号になったようです。

明治時代になり、冷凍技術が輸入され、氷が簡単に作られるようになると、カキ氷をかけて食べられるようになりました。それが、「氷くるみ餅」です。当時から、夏になりますと、涼感を求めて大勢のお客様が、お店に行列を作るようになったそうです。

まあ一度は食べておいて損は無いと思います。

興味がありましたら是非!

住所:大阪府堺市堺区新在家町東1-2-1
TEL:072-233-1218
営業時間:10:00~17:00(売り切れ次第終了)
定休日:火曜日・水曜日(祝日の場合は営業)

-WordPress, 備忘録, 全記事, 家族, 息子の事, 食事
-, , , ,

Copyright© ひまろぐ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.