ひまな時に書いてます

ひまろぐ

全記事 家族 息子の事 食事

K食堂 本店に行ってきた

投稿日:

今日は、家族で、K食堂 本店に行ってきました。

息子のクリスマスプレゼントを買いに、大阪市内へ出てきて、ネットでおいしいラーメン店で調べるとこのお店の名前が出てきたからです。

口コミを見ても、評価も高かったので、楽しみにして行きました。

昼を少し過ぎた頃でしたが、店の中で3組待っていて、私たちが外の椅子に座ると、あとから後ろに4組がドドっと後を追いかける形で、並びだしました。

「ああ~ さすが人気店!楽しみ~」とママと話していました。テンション↑。

そして、店の中で待っていてくださいと店の方に、声を掛けられ待っていると、

ローソンでも売っていることが判明!

「これほんまもんやん。来てよかった~」と更にテンションも上がり、ようやく順番が来て、注文を待っていました。

5分ほどして出てきたのは、名古屋コーチンの卵掛けごはん。

プリプリの卵に、和歌山の野尻しょうゆをかけて食べるのですが、そらうまいわな~!

同時にラーメンの期待度も上がります。

因みに、私は「つけそば」で、ママと子ども達は、「中華そば」でした。

自閉症の長男は、ラーメンとお寿司とうどんは大好きです。

外食すると、昼であれば90%の確率で3つの内のどれかを選びます。

そのぐらい、色々なラーメンを食べています。

そしてそれから約3分後に待ちに待ったラーメンが出てきました。

その長男が、まず出てきたラーメンを見て、匂いを嗅いで(初めて食べるものはいつも臭ってから食べます)、一口汁を飲んで、麺を少しだけ食べて一言。

「これ食べれない~」・・・

店の人には、聞こえるか、聞こえないかの微妙な感じでしたが、聞こえていない感じで、業務をされていましたのでホッとしました。

そして、次は、ママです。

同じように、一口汁を飲んで、麺を少しだけ食べて一言。

「これカップヌードルやん」とポツリ・・・。

私は、「うそ~ん」と言って、ママのラーメンを少しもらったのですが、第一印象は「ほんまや、カップヌードルや・・・」でした。

というか、カップヌードルの方が全然おいしい。。。

私もママも「これはさすがにない」と。。。

外食をして、こんなことを感じたことは、いまだかつてありません。

なんかカップヌードルというか、にゅうめんというか、あまりにも麺がやわらか過ぎて、うまいもへったくれもありませんでした。

しかも、ママの麺と、子供の麺の量が、どちらも普通を頼んだのですが、あきらかママの量が少ない???

何か、嫌がらせをされている気分にさえなってしまいました。

あの~ここで言っときますが、私は競合他社のラーメン店の関係者ではありませんし、ライバルコンビニ関係者でもございません。本当に感じたことままを書いています。

チャーシューは美味しかったですよ!

それ以外に関して我々家族にとっては、とても残念な味でした。

その後と言う事もあり、あまりにもショックで、私の頼んだつけ麺もうまいのかそうでないかも正直分かりませんでした。なにかヌルっとしたものが、麺にまとわりついて、口当たりも、あまりいい感じのしない麺であったことは確かでした。

本当に申し訳ございません。

でも疑問なんです。

口コミに書いてあったようなコメントは、本当なのでしょうか?

あの食いしん坊の次男も半分以上残しました。

それとも私たちの舌がおかしいのでしょうか?

間違いなく、再訪はありえません。

ブログに書くか本当に迷いましたが、余りにもひどかったので、正直に書いてみました。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-全記事, 家族, 息子の事, 食事
-, , , , , ,

Copyright© ひまろぐ , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.