ひまろぐ

暇な時に書いています

コンビ二店員との会話がウザい件

私があからさまに嫌な顔をしているのに、地域密着感を出して「今日はいつもより帰りが遅くて大変ですね」「今日は栄養ドリンクは必要ないですか?」「昨日は来られなかったんですね、バイトの子も来られていないって話をしていたんですよ」みたいな事をいってくるコンビニの店のオーナー(60歳くらい女性)がいるんですんが、はっきり言ってウザいです。 もうそのコンビニにはかれこれ1年は行っていませんが、それに変わって行く家の近くのコンビニの店員(50歳くらい男性)からも「お仕事大変ですね~」「これ私も食べましたけど美味しいです ...

ReadMore

ドラゴン桜より 東大合格必勝法家庭の10カ条とは・・・?

弁護士・桜木の導きによって、奇跡の再建を果たした龍山高校。 水野の東大合格から10年、再び学校の危機を救うため、桜木が帰ってきましたね! 私の子供は中1(支援中学)と小2まるで東大とは縁の無い家庭ですが、週間モーニングは受験だけでなく、私の宅建資格において、なんらかのヒントにならないかを見つけるためにも楽しみに見ています。 そんな中、今回は「東大合格必勝法家庭の10カ条」なる格言が登場! 東大なんてうちに関係ありませんが、それでも我が家族と照らし合わせてどうなのかは気になるところです。 一つ一つ道なのかを ...

ReadMore

息子が漢検5級に合格!おめでとう(涙)

自閉症の息子(支援中学1年)がやりました! 漢検5級に合格です。 ギリギリの140点とはいえ、合格しているとは思いませんでした。 持ち帰った試験用紙に、解答を書いてくれていなかったので、本人がどれくらいの点を取っているか分からなかったので、この通知が来たときにはビックリしたのと、よく頑張ったのとで、涙が止まりませんでした。 スポンサーリンク この漢検テストですが、ご存じの通り1級まで有り、漢字だけを覚えればよい訳ではなく、四字熟語、故事ことわざ、音訓読み、当て字、国字、古典的文章など、多くの領域での勉強が ...

ReadMore

平成30年度 宅建士試験落ちました。。。

30年度の宅建は落ちました。 100日計画で合格し、そのノウハウを無料で公開していくというストーリーだったのに・・・。 試験が終了し、その日の夜に答え合わせをして、あまりのガックリで今の今まで何も手につきませんでした。 ママはてっきり合格するすると思っていたらしく、私に内緒で城之崎温泉旅行を計画してくれていて(キャンセルすることなくチャッカリ行きましたけど・・・) 結果は、権利関係6、法令6、その他6、業法14で32点 狙いは、権利関係9、法令6、その他6、業法16で37点でしたが、思いのほか権利関係と業 ...

ReadMore

やばい!時間がない・・・宅建で勉強しなくてはならない項目をまとめてみたらとんでもなく多かった件

いやあ~ 暇なので宅建資格を取ろうと、通勤講座の受講を決意しました。 スポンサーリンク   それではいざ、どんなことを覚えなければいけないかということで、下記のように書き出してみると・・・・ むちゃくちゃ覚えないといけないことあるじゃないか???? 短期合格セミナー「失敗しない宅建合格法_5つのルール」 宅建業法1 宅建業法の全体像 宅建業法2 免許制度 宅建業法3 取引士 宅建業法4 保証金制度 宅建業法5 媒介・代理契約と広告の規制 宅建業法6 重要事項の説明 宅建業法7 契約と業務上の規制 ...

ReadMore

NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』 第6回放送「初恋の別れ道」

更新日:

ここから先は、過去NHKで放送された、おんな城主直虎第6話ネタバレあらすじ紹介です。

NHK大河ドラマ第56作目となる「おんな城主直虎」。

その感想ネタバレやあらすじ等を掲載しています。

戦国時代を精一杯生き抜いた井伊家のおんな城主、井伊直虎の波乱に満ちた人生は、現代人が忘れかけてしまっている本当の心の強さが学べると思います。

出来る限り、本音で感じたことも書いていきます。

あくまでも個人の主観なので、意見・反論はご勘弁を。。。

さあ1年間共に見守って参りましょう。

スポンサーリンク

第6話

「初恋の別れ道」

井伊谷への帰還を果たした亀之丞は、元服して井伊直親(三浦春馬)と名を改める。

直親は次郎法師(柴咲コウ)を還俗させて、自分の妻に迎えたいと願い出るが、政次(高橋一生)はまず今川家に直親の帰還を許してもらうことが先決だとしてこれに反対する。実は次郎の出家は、今川による井伊の本領安堵の条件になっていたのだ。

それでも夫婦になることを諦めきれない直親は、「おとわが死んだことにして、川名に身を隠し夫婦として暮らそう」と提案する。だが次郎は、井伊の行く末を案じ、直親の申し出を断るのだった。

ほどなく、直親は奥山朝利(でんでん)の娘・しの(貫地谷しほり)との祝言を迎える。

という話でした。

上記にある、次郎に「井伊の行く末を案じ、直親の申し出を断る」決心がついたのは、南渓和尚が出した課題『公案』にありました。

内容は・・・

南渓「昔、超という国に道威という王がおり、中と伯という2人の大臣が仕えておった。ところが争いが起こっての。道威はどちらか1人を追い出さねばならぬようになったのじゃ」

道威は、中と伯に2つずつ饅頭を渡した。2人ともその場で1つ食べ、中は残り1つを腹をすかせた子供に与えた。伯はそれを大事に持ち歩き、いつしかカビさせてしまった。

南渓「さて、道威はどちらに大臣を続けさせたかの?」

考えるまでもない、と次郎は即答した。

次郎「やはり中ではないのですか?食べられぬようにしてしまっては、意味がありませぬ」

南渓は、にやにやと笑う。

次郎「違うのですか?」

南渓「道威が選んだのは、饅頭をカビさせた伯だったのじゃ。さて、それは何ゆえじゃと思う」

南渓は饅頭を2つ、次郎の前に差し出した。

というのがその公案でした。

そこで、次郎が一晩考え出した結論は・・・

2つの饅頭を一度に食べてしまったり、人に与えてしまってはなくなってしまう。1つを取り置けば、本当に困ったときに食べたり与えたりすることができる。

つまり 還俗するのは、直親と一緒になるときではなく、直親に何かあった時ということなのである。

はああ、なる程です。

ということで、次郎と直親が一緒になることは、もう無くなってしまったということです。これから次郎はどうなっていくのか?今後にも期待ですね!

-『おんな城主 直虎』, 備忘録, 全記事
-, , , , ,

Copyright© ひまろぐ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.