ひまな時に書いてます

ひまろぐ

『おんな城主 直虎』 備忘録 全記事

NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』 第44回放送「井伊谷のばら」

投稿日:

ここから先は、過去NHKで放送された、おんな城主直虎第44話ネタバレあらすじ紹介です。

NHK大河ドラマ第56作目となる「おんな城主直虎」。

その感想ネタバレやあらすじ等を掲載しています。

戦国時代を精一杯生き抜いた井伊家のおんな城主、井伊直虎の波乱に満ちた人生は、現代人が忘れかけてしまっている本当の心の強さが学べると思います。

出来る限り、本音で感じたことも書いていきます。

あくまでも個人の主観なので、意見・反論はご勘弁を。。。

さあ1年間共に見守って参りましょう。

スポンサーリンク

第44回「井伊谷のばら」

浜松城では家康(阿部サダヲ)の臨席の元、万千代(菅田将暉)と万福(井之脇海)の「甲冑(かっちゅう)着初め式」が執り行われていた。

一方井伊谷では祐椿尼(財前直見)に病の影が忍び寄る。母の身を案じる直虎(柴咲コウ)は周りに声をかけ、病床の祐椿尼が寂しくないよう会いに来て欲しいと願い出る。

家康の小姓として田中城攻めに同行することになった万千代は、家康の命を狙う間者を見事討ち取り、一万石の知行を与えられることになる。

祐椿尼が倒れたとの知らせが届き、万千代と万福は祐椿尼を見舞うため龍潭寺を訪れる。直虎は万千代に井伊の安堵を考えていないかと確かめるが、万千代の返事は「井伊のものであったものを井伊が取り戻して何が悪い」というものだった。

直虎はそんな万千代に「家督は決して譲らぬ」と言い、万千代もまた直虎への反発を露わにする。そんななか、祐椿尼が息を引き取る。

又次回(45回)は、家康(阿部サダヲ)の命を狙った間者が嫡男・徳川信康(平埜生成)の家臣だったことが判明し、信康の家臣である岡崎衆らは一斉に罰せられる。

また、家康の側室に新たな男子が誕生し、信康とその母・瀬名(菜々緒)の立場はいっそう弱くなる。焦る瀬名は直虎(柴咲コウ)に書状を出し、信康の嫡男を得るため側室の候補を探して欲しいと依頼する。

しかしその動きは、信康の正室・徳姫の父にあたる織田信長(市川海老蔵)の知るところとなってしまい、予告を見ての予想であるが、信康は切られてしまうのでは・・・?

家康の命を狙わしたのは、徳川家の家臣 榊原康政(尾美としのり)ではないかと思わせるカットがあったのですが、違うのかな?

万千代の出世をひそかに恐れ、早いうちに潰してしまおうとでも思ったのでは?

何故万千代が見破ったかについても、問いただしていたし・・・

でも榊原康政がたとえそうだったとして、残り放送6回の中で影響を及ぼすようなストーリーになるかといえば、甚だ疑問も感じます。

何せ、最終回ですっきりしてしまいたいなと思ってしまいます。

視聴率は、低調ですが、面白くなって来たと思います。

最後まで見届けましょう!

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-『おんな城主 直虎』, 備忘録, 全記事
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ひまろぐ , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.