ひまな時に書いてます

ひまろぐ

『おんな城主 直虎』 備忘録 全記事

NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』にでてくる大高城とは・・・?

投稿日:

第9回NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』では、井伊家が今川義元より尾張出陣を命じられ、直盛は直親と家老たちに留守を託して出立する。

尾張の織田勢3,000、対する今川勢は25,000.

誰もが今川の勝利を疑わなかった桶狭間の戦い・・・。

この後の展開が非常に楽しみです。

スポンサーリンク

 

そんな中、大高城について、少し書いておこうと思う。

大高城(おおたかじょう)

名古屋市の緑区にあった平山城。

水野氏が居城とし、当初は織田方の城だったが、鳴海城の山口教継(のりつぐ)の調略により、沓掛城とともに今川方の城となった。

大城城を重視した今川義元は、妹婿の鵜殿長照を守備に付けたが、信長は丸根砦と鷲津砦を築いて包囲し糧道を遮断。

その囲みを戦略で破って松平元康(のちの家康)が兵糧を運び込んだ『大城兵糧入れ』で名高い。

桶狭間の戦いの後、城代の元康が岡崎城に帰って自立したため、大城城は織田方へ帰属し、清須同盟で廃墟となったとのこと。

このくだりは、もしかしたらドラマでは出てこないのかもしれないが、背景としては知っておくべき歴史だと思い書いてみました。

第9回たのしみですね~

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-『おんな城主 直虎』, 備忘録, 全記事
-, , ,

Copyright© ひまろぐ , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.