ひまな時に書いてます

ひまろぐ

『おんな城主 直虎』 備忘録 全記事

NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』第1回放送「井伊谷の少女」

更新日:

小さい時から、大河ドラマは大好きで、ずっと観ています。

そしていよいよ始まりました、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』。

第一話「井伊谷の少女」が終わりました。

まとめると・・・

天文13年(1544)遠江の国・井伊谷。のちに井伊直虎(柴咲コウ)という勇ましい男名で戦国の世を生き抜くことになる少女・おとわ(新井美羽)は、井伊家当主の父・直盛(杉本哲太)と母・千賀(財前直見)のもと幸せな日々を過ごしていた。

おてんばなおとわの遊び相手は幼なじみの亀之丞(藤本哉汰)と鶴丸(小林颯)。

ある日、おとわに亀之丞との縁談話が舞い込む。当主の座を継ぐつもりだったおとわは最初戸惑うが、やがて亀之丞の妻として井伊家を支えていこうと心に決める。

そんな折、亀之丞の父である井伊直満(宇梶剛士)が、主家である今川義元(春風亭昇太)に謀反の疑いをかけられ、駿府に呼び出され討たれてしまう。さらに今川は、亀之丞の首を差し出せとの命を下す。悩んだ末、井伊は亀之丞を逃がすことにした。

引用元 http://www.nhk.or.jp/naotora/intro/story/

月曜日のヤフーニュースにも出てましたが、この大河ドラマ・・・第4話くらいまで子役で物語を引っ張るというのは、大きな賭けということらしい。ただ、個人的には、子役の演技もうまく、キャスティングもいいなと素直に思いました。亀之丞も鶴丸も大きくなると三浦春馬 や高橋一生になりそうな顔だし・・・あと春風亭昇太の今川義元は、見た目だけ見るとはまり役かなと・・・。でもしゃべるとボロが出そうでなんともハラハラします。

『真田丸』の影響もあり、視聴率やストーリー等、いろいろと比較されているようですが、期待はしてしまいます。とは言え『真田丸』も正直、中だるみ感は何度かありました。当面は、購入した本の中にある相関図を片手に楽しもうと思います。

そして気になる初回の視聴率は、16.9%でした。

因みに過去の大河ドラマと比較すると、

2016年「真田丸」→19・9%

2015年「花燃ゆ」→16・7%

2014年「軍師官兵衛」→18・9%

2013年「八重の桜」→ 21・4% とうことで、微妙な位置・・・

ですが、期待しましょう!

今後も、感想や、ちょっと気になった言葉、時代背景なんかも気づいたら、書いていきたいと思いますので宜しくお願いいたします。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-『おんな城主 直虎』, 備忘録, 全記事
-, , , , , ,

Copyright© ひまろぐ , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.