ひまな時に書いてます

ひまろぐ

全記事

2018年の大河ドラマは「西郷どん」!2018年1月7日放送 「薩摩のやっせんぼ」

投稿日:

極貧の下級武士にすぎなかった素朴な男は、南国奄美で愛に目覚め、勝 海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、揺るぎなき「革命家」へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げていく。

素顔は、脇は甘く、愚直でうかつ。彼に出会ったものは皆、西郷が好きになり、愛嬌あふれる男の周りには、いつも“笑いと愛と波乱”が満ちていた。

「すべての民が幸せに暮らしてこそ日本国は強くなる」と信じ、人を愛し、故郷を愛し、国を愛し、民を愛し・・・“見返りを求めない愛”を与え続けた男を、人は親しみを込めて、『西郷どん(セゴドン)』と呼んだ。

そんな『西郷どん(セゴドン)』が大河ドラマに登場しましたね。

その第1回は、

天保11年(1840年)、薩摩の国。西郷小吉(渡邉蒼)は、大久保正助(石川樹)など町内の仲間たちと学問や剣術を切磋琢磨する日々を過ごしていた。

「妙円寺詣り」という藩最大の行事で、小吉たちは一番乗りで寺に到着し、褒美をもらう。そこで薩摩藩の世継ぎである島津斉彬(渡辺謙)と運命的な出会いをする。

しかし、小吉は恨みを持った他の町の少年から刀で肩口を切られ、二度と剣が振れなくなってしまう。

それでも、小吉は「民の幸せこそが国を富ませ強くする」と強く主張する斉彬に心酔し、斉彬の密命を担い江戸へ京へと奔走。薩摩のキーパーソンとなっていくのであろうと想像ができるなあと感じさせる というあらすじでした。

視聴率はなんでも最低だったとか・・・。

そんなことはどうでもいいと思います。私は期待していますよ!

ところで、ドラマの中で 「チェスト~」と叫ぶ場面が幾度となくありました。

備忘録で書き留めておきたいと思います。

「チェスト」の意味とは?

掛け声。気合の叫び。自分を鼓舞するために使うらしい。当時は主に薩摩の剣術「示現流」の試合の時などに使っていたようです。「チェスト行け」で「気合を入れてで行け」という意味で使われて入るとのこと。

その語源は?

諸説あります。
・「強くすっど」という鹿児島弁から変化して、「つぇすっど」、そして更に変化して「チェスト!」となったとする説があります。

・知恵を捨てよ・・・無心になって打ち込めという意味の「知恵を捨てよ」が変化して、「チェスト!」となったとする説みあります。

・CHEST(胸)・・・薩摩とイギリスの戦いの際に、イギリス人に対して「CHEST(胸)を狙え」と挑発したのが語源とする説もあります。

プロ野球選手の川崎宗則が、ソフトバンク時代にお活躍して立ち台に上がった時に、よく『1,2,3、チェスト〜!』やっていましたので、その時に意味は知っていましたが、この言葉、ことしの流行語大賞になるかもしれませんね!

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-全記事
-, , , , , , , , ,

Copyright© ひまろぐ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.