ホリエモンの「多動力」を読んで感じた違和感

投稿日:

基本、ベストセラー書は図書館で借りて読みます。

なので予約をしてを手に入れるまでに、3ヶ月以上かかることはザラ。

このホリエモンの「多動力」は、それ以上かかりました。。。

この方は人と違うことが是で、逆にそれをしないとここまで出来なかったんだろうなとは、確かに思う。

でもそれって極論でしょ?という内容のオンパレードで、かなりの違和感を感じてしまいました。

読むのに30分もいらない本。

あっでも、この人大好きですから・・・

これを読んで、「ああこれが理想の生き方だ!」なんて思うやつがいるのかなと正直思うけど、それも想定しての内容かな?

書いてあることが支離滅裂なんですけど・・・

渾身の力で書いたとありますが、結局インタビューの内容をライターがうまく加工して、人と違う事を書けば売れるよね的な発想・・・

正直お金出して買うべき本ではありません。

内容)
一つのことをコツコツとやる時代は終わり、これからは、全てのモノがインターネットに繋がり、全産業の〝タテの壁〟が溶ける。
このかつてない時代の必須スキルが、あらゆる業界の壁を軽やかに飛び越える「多動力」だ。

第1章 1つの仕事をコツコツとやる時代は終わった
第2章 バカ真面目の洗脳を解け
第3章 サルのようにハマり、鳩のように飽きよ
第4章 「自分の時間」を取り戻そう
第5章 自分の分身に働かせる裏技
第6章 世界最速仕事術
第7章 最強メンタルの育て方
第8章 人生に目的なんていらない

スポンサーリンク

でも、共感できるところが一つ。

「三つの肩書きをもてばあなたの価値は1万倍になる」という考え。

肩書きを掛け算することで、レアな存在になることが出来、結果自信の価値が上がるという点。

一つのことに1万時間取り組めば誰でも100人に一人の人材になれる。

1万時間というのは、1日6時間やったと考えて5年

私で言えば、その位時間を費やしたことと言えば、

野球は、大学の体育会硬式野球部まで続けて13年、某大手メーカー営業経験20年、福祉住環境コーディネーター2、3級位のもの・・・それを考えるとホリエモンはたいした人だなと思います。

でもその資産や資格は重荷になるから捨ててしまおうとも言っているんですよね?

支離滅裂~。

でも↑でも書きましたが、この人嫌いじゃないです。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-全記事, 読書
-, , , ,

Copyright© ひまろぐ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.