大河ドラマ 「いだてん~オリムピック噺」第9話 ネタバレ・あらすじ紹介。最終回まで掲載予定。今まで見逃した方必見。視聴率についても追記!

更新日:

日本で初めてオリンピックに参加した男『金栗四三と日本にオリンピックを招致した男田畑政治
この2人がいなければ、日本のオリンピックはなかったという。。。

日本が初めて参加し、大惨敗を喫した1912年「ストックホルム」。

幻となった1940年「東京」と敗戦、復興、そして・・・平和への祈り。

1964年 東京オリンピックが実現するまでの日本人の“泣き笑い” が刻まれた激動の半世紀が、豪華キャストで描かれます!

大河ドラマ 「いだてん~オリムピック噺」 ネタバレあらすじ紹介を最終回まで掲載予定。今まで見逃した方必見。視聴率についても追記していきます。

このドラマを見れば、2020年・東京オリンピックの見方が変わります!というフレコミの大河ドラマ!期待しましょう!




視聴率

第1話 夜明け前 15.5%
第2話 坊ちゃん 12.0%
第3話 冒険世界 13.2%
第4話 小便小僧 11.6%
第5話 雨ニモマケズ 10.2%
第6話 大江戸日本橋 9.9%
第7話 大江戸日本橋 9.5%
第8話 敵は幾万 9.3%

第9話あらすじ

四三(中村勘九郎)と弥彦(生田斗真)は、ついに新橋駅を出てストックホルムに向け旅立つ。ウラジオストクやハルビンを経由してのシベリア鉄道17日間の旅。不手際で治五郎(役所広司)の渡航が遅れる中、監督の大森兵蔵(竹野内豊)と安仁子(シャーロット・ケイト・フォックス)のハネムーンのような態度、初めて触れる外国人の横柄さに、四三は不安を募らす。一方、孝蔵(森山未來)は、師匠・円喬(松尾スズキ)に「朝太」という名を授かり、噺家(はなしか)デビューに歩みだす!

という話

感想

今回のポイントも、う~ん いまいちよく分かりませんでした・・・。

前回の疑問も回収されるわけでなく、四三と電車に乗った可児と四三の後輩が消え、嘉納治五郎先生もストックホルムに行けそうになく終わってしまいました。

ちょっと不満が残りますね。

あとは、ストックホルムに着くまで電車に乗っているので、練習があまり出来ず、四三と弥彦の心の葛藤はうまく演じられていたのかなと・・・。

ちょっと中だるみで、物語が四三と落語で二つが交互に出てくる事に違和感を覚え、交わっているようで何かノイズに感じてしまうのは私だけでしょうか?まあ結果として視聴率がそれを物語っているんでしょうけど・・・。

最近、ただそこはクドカン。

いろんな仕掛けを用意しているでしょう。

最後までお付き合いしますよ!いだてん!

筆者の自己紹介はコチラ

  • この記事を書いた人
アバター

PAPA

主な登場人物:アラフィフリーマン。著者,ママ,長男(自閉症),次男の4人家族。自閉症,糖尿病,ライザップ,ダイエット,食事,宅建の記事が多くなります。

Copyright© ひまろぐ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.