骨折しても大丈夫!入浴用プロテクターでギブスでも安心・安全

投稿日:

自閉症の長男が骨折してしまいました。

大好きな車を見つけて、それを横目で見ながら、道路にある石の出っ張りにタイヤを乗り上げてしまい、横から倒れた時に左手をついての骨折です。

支援中学1年生になったので、買い物に一人で初めて行かせてのこの事故・・・

なかなか家に帰ってこず、結局チャイムがなって出てみると、ギャーギャー言いながらの「痛い~」の連発で・・・

見てみると、腕が腫れ上がっており、これはまりがいなく骨折だなということで、緊急で病院に連れて行って手術そして即入院・・・

一時的な処置はすんだものの、日曜日と言うこともあり、翌日の月曜日にすぐ手術が出来るようにと言うお医者さんの配慮でした。

スポンサーリンク



長男は、骨折で痛いということもありますが、パパとママを怒らせたことにもショックを感じているようでした。

もちろんここで叱ったら、長男としてはまた大きな記憶となって、自信をなくしてしまうかもしれません。

ただ、初めてお使いに行くということで、何週間も前からお金の数え方からおつりの受け方も含め練習をしてきて、もう大丈夫だということで行かせたのに、すんなり帰ってこれなかった長男に対し、どうしても怒りを抑えることが出来ず、顔に出ていたんだろうなと・・・

反省です・・・

でも、骨折の一時的な処置の時、注射の時などは、こわいこわいと言いながらも、「僕は頑張る!」と言いながらお医者さんの言う事を守って一生懸命頑張っている姿がとっても愛らしくて可愛かったです。

そして手術は思ったよりも大手術で、全身麻酔でした。

覚醒の際のパニックもなく、本当に頑張ったと思います。

そして3日入院して退院。

今普段の生活の中で、便利だなと思ったグッズを紹介したいと思います。それがこの入浴用プロテクターです。

 

これでお風呂に入っても患部には水が入ってこないようになります。

お風呂に入るときにも時間をかけずあっという間に準備が可能です。

これならギブスをしている患部をゴミ袋でカバーし根元をテープで巻いて処置する必要も無く安心・安全です。

看護婦さんからもカバーするようなグッズもありますけど、必要ないですよなんて言ってましたが、あると無いのとでは大違いです。

ゴミ袋などの応急処置に比べ、

・まず濡れなくて安心・安全ということ。

・時間が掛からないこと。それにより、周りの家族にとっても負担が少ないこと。

骨折したときは(しないことが一番ですが・・・)コレがあれば大丈夫です。是非購入をお勧めいたします!

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-備忘録, 全記事, 家族, 息子の事, 自閉症
-, , , , , ,

Copyright© ひまろぐ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.